世界がシェアです。日本だけでは狭すぎます。

輸出入業では、世界が取り引き相手、つまりお客様になります。日本未入荷の商品を仕入れたり、安価な国から商品を一括購入などしております。

 

また、日本の商品を世界のアマゾンで売る事も可能です。現在ではこちらの方が主流になりつつありますね。あなたはどんなビジネスをしたいですか?

 

輸出も輸入もそれなりに知識が必要になってきます。自己流でも出来ますが、無駄な時間を使うより、誰かに教わって時間短縮をするのも、一つの方法ですね。

 

【いるもの】

金・・・「キン」ではない「おかね、マネー」結構使う。ちょっと抜け道もあるけど、まずはせどりでお金をためてから、輸出入に踏み込めばいい。最初からここにくると、えらい目にあう、よっぽど綿密に計画をたてないとまず無理。

 

それでも「いや、私はこの輸出入からしたい、いや、する!」という決意の固い方にはいろいろアドバイスはするけど。それでもやはりせどりからがおすすめ。

 

よく勘違いする人がおるねんけど副業はカンタンであって優しいではない。作業はかんたん、価格差のある商品をみつけて売りに出すだけ。でも優しくはない、優しかったらみんなしてる。

 

輸出入であっても同じ。ただ、みんなつまずくのは言語「英語」の壁、苦手意識はあるかもしれないけど、それはタダの意識レベル。今は翻訳ソフトもあるし、多少変でも普通に通じる。だから英語については苦手意識をなくして、頑張ってほしい。