ペンギンモバイルとは

【特徴】

・LINEモバイルやUQモバイルなどと同じ格安シムにあたります。

 格安シムとは、docomoやau、ソフトバンクから電波を借り受けるシステムです。

 

 ペンギンモバイルはdocomo電波を使いますので安心です。

 

なぜ安い? → キャリアが高いだけ。アジアではこれが100%で普通

         ↑

        キャリア:docomo、au、ソフトバンク

 

【メリット】

・安い!ともかく安い!

 

【デメリット】

・キャリアメールが使えなくなります~ezweb.co.jp~docomo.co.jpなど)

 その代わりにGメールやヤフーメールを使います。

 

 

ペンギンモバイル 気になる価格表

・データ専用 :インターネットをするためだけのプランです。電話は出来ません。

・データ+SMS:番号認証するための電話番号は発行されますが、電話は出来ません。

        番号認証とはラインなど、その番号に認証番号がくるシステムです。

        ライン電話、スカイプ電話での通話なら、このプランで話せます。

・音声通話  :インターネット、番号認証、電話機能があるプランです。

      ※:大手と同じ30秒20円がかかりますので、月に67分以上通話するので

        あれば「回数無制限15分かけ放題」オプションを付けてください。

        音声通話のみ「1年縛り(1年以内解約事務手数料6,000円(税抜))」が

        かかります。1年以上経てば、手数料は発生致しません。

ペンギンモバイル 申し込み方法

担当営業:佐野 まさひろ

ID        :800004300

上記を覚えて頂き、ペンギンモバイル申し込みをクリック 

ペンギンモバイル 申し込み簡単3ステップ

ホップ:スマホシムロック解除 ステップ:ペンギン申し込み ジャンプ:ペンギンシム設定

ペンギンモバイル 申し込み 詳しく

1、シムロック解除をする(これが出来るかが最優先事項です。必ず解除出来るか確認を!)

今お使いのスマホを使う場合、「マイドコモ、マイau、マイソフトバンク」で

シムロック解除手続きをする。(auのみ、そのまま使えない場合あり、下記参照)

 

2、MNP(電話番号引継ぎ)で乗り換える

     MNPは各社手数料が取られることを理解する。

docomo2000円、au3000円、ソフトバンク:3000

     MNP予約番号をもらう

電話の場合、「スマホ本体残金〇〇円です」と言われ、一括で

払わなければいけないような言い方をするが、今まで通り分割でOK

docomo    151、もしくは「マイドコモ」から

au         0077-75470、「マイau」「イージーウェブ」から

ソフトバンク:55330800-100-5533、「マイ ソフトバンク」から

     ペンギンモバイルで手続き(クレカのビザ、マスター、デビットが使える)

                                 ↑

3、MNPしない場合 → そのままペンギンを申し込む(支払い方法:上記参照)

 

4、今使っているスマホは、ほぼ使える。

     docomoを使っている人はシムロック解除後、SIMを入れ替えて簡単な設定をする。

     ソフトバンク使用者は、シムロック解除後にSIMを入れ替えて、設定して使用。

     auはアイフォン6s以降、もしくはギャラクシー、エクスペリアならシムロックを

解除後に設定。上記3機種以外は本体買い替え(家電量販で15000円くらい)

 

5、乗り換え時期

  ① MNP手数料(約3000円)、新規SIM購入手数料(約3500円)、

    解約違約金(約10000円)合計16500円かかるが、

        ペンギンモバイルは解約月を待つよりは乗り換えた方が得。

  ② 今のままなら半年後のスマホ代累積約7万。――――↓

        ペンギンモバイルなら6ギガバイトプランに「15分かけ放題」オプションを入れても

          半年で19380円 ←差額5万。

 

 ナント1年間で約10万円の損失!